年代ごとに変化するヘアケア

30歳をすぎてから、シャンプーを手作り石鹸、コンディショナー(リンス)を酢に変えました。
前髪の薄毛や頭皮のかゆみが出てきたからです。

それまで、シャンプーはラックスやパンテーンをドラッグストアで買うことが多かったです。

美容院のシャンプーを購入することもありましたが、単価が高く続きませんでした。

 

オリーブオイルで作った手作り石鹸はとても体に合っていたようで、薄毛やかゆみが消えました。

 

手作りで作るため、石鹸ひとつあたり100円くらいとコスパもとてもいいので現在も続けています。

酢のリンスを使うと毛穴のさっぱり感があり、髪がさらっとします。

最近気になっているのがエメリルです。ちょっと前までアスオイルっていう名前だったんだけど、シャンプーとコンディショナーが発売されてブランド化するためにエメリルというブランドに統一したみたい。

エメリルオイルの口コミを見るとなかなか良さそう。

 

ヘアオイルに椿油を使うとさらにつやが増すように思いますが、使いすぎるとべたっとするのと、すぐになくなり都度購入するのがおっくうになり最近は使っていません。

 

40歳をすぎると、髪のパサつきが気になりだしました。

 

現在育児をしているため、単純に自分に手をかける時間が減っていることもありますが、ストレスもあるのかもしれません。

 

楽天ランキングで1位のトリートメント(QUEEN’S BATHROOM クイーンズバスルーム 薬用トリートメント)を購入して使ってみましたが、数回で肌にかぶれが出たため今使用をとめています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です